• 初めての方へ
  • 用語集
  • よくあるご質問
  • 採用情報
  • アクセス
  • サイトマップ
文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
06-6377-2509
営業時間:10:00~17:00(平日)

  1. ホーム >
  2. 税理士選びで失敗しない5つの選び方

税理士は、安易に選んでしまうと思わぬトラブルにつながることもあります。

トラブルを未然に防ぐためにも、会社の将来のためにも、税理士選びは慎重におこないましょう。

ここでは、税理士選びで失敗しないために、お問い合わせや無料相談のタイミングでおさえておくべきポイントをまとめました。税理士選びの参考として確認してみてください。

Point.1 顧問先の経営支援に前向き・アドバイスに積極的であるか

会社経営をしていく上で、税理士は困ったときほど多くの時間を共にする存在です。

あなたが本当に困っているとき、どんな人に相談に乗って欲しいですか?
きっと、自分のことのように親身になって考えてくれる人に相談したいと思うはずです。

親身になってくれるかどうかは、税理士選びの最大のポイントでもあります。

あなた自身や会社のことを真剣に考え、一緒に会社経営をしてくれるような税理士こそ、本当に信頼できる税理士と言えるでしょう。

Point.2 相談しやすく親身になってもらえるか、また、対応が早いか

節税をする上で、税理士が会社の業績をリアルタイムに把握し、業績の見通しを立てることは必須です。税理士による定期訪問がないと、情報共有不足により、目指すべき目標や改善点が一致しないこともあります。

そうならないためにも、定期的に相談する時間がとれる税理士なのかどうかを事前に確認しておきましょう。

Point.3 状況に応じて訪問回数を決定してくれる税理士か

会社を経営していくなかで、様々な法律や手続きが関わってきます。

ときには、弁護士や不動産鑑定士、司法書士などの専門家にお願いすることも必要になります。

そういった場合に、税理士がこれらの専門家と提携していれば、早急に問題を解決することができ、より質の高いアドバイスを受けることができます。

Point.4 業務内容と料金が釣り合っている、契約が明確であるか

税理士事務所のなかには、格安でサービス提供をしているところもありますが、安ければ良いというのは間違いです。

料金は、依頼する業務内容によって差がでてくるものです。
まず自分が抱えている問題を明確にしてから、税理士に相談するようにしましょう。

そして受けられるサービスがマッチしているか確認した上で、価格の比較検討をしてみてください。

Point.5 会計や税務、経営判断にも知識や経験が多い税理士か

節税対策をしている会社としていない会社では、経営状態に違いが出てきます。

そして、節税対策によって節税できる税額は、税理士によって異なってくるのです。

節税に強いかどうかは、税理士の経験の差でもあります。経営者の視点にたち、最大限節税できるようにアドバイスをしてくれる税理士こそ、会社を良い方向に導いてくれる税理士と言えるでしょう。

税理士を選ぶ際は、以上の内容をふまえ、慎重にご検討されることをおすすめします。税理士は会社やあなた自身に大きく関わります。納得いくまで探し続けることが大切です。
このページの先頭に戻る